2017年10月21日土曜日

プライバシー・ポリシー

本文書は、当サイト【deitore.work】における個人情報の保護およびその適切な取り扱いについての方針を示したものです。

1.情報の取得

当サイトでは、主に次の2つの方法によってユーザーの情報を取得することがあります。
1-2 ユーザー自身による入力
お問い合わせ等のページでは、名前(ハンドルネーム)とメールアドレスの入力が必須となっています。メールアドレスにつきましては、当サイトの管理人が問い合わせされた方と連絡を取る必要が生じた場合に利用させていただく事がございますが、サイト上で公開されることはありません。

1-3 クッキー(Cookies)

当サイトはコンテンツの充実や安定的なサイト運営を目的に、後述するアクセス解析サービスや、広告配信サービスを利用しています。その為、クッキーを通じて情報を収集することがあります。
クッキーはユーザーがサイトを訪れた際に、そのユーザーのコンピュータ内に記録されます。ただし、記録される情報には、ユーザー名やメールアドレスなど個人を特定するものは一切含まれません。
こうしたクッキーによる情報収集を好まない場合、ユーザー自身がブラウザでクッキーの受け入れを拒否するように設定することも可能です。その際はコンテンツによってはサービスが正しく機能しない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

2.情報の利用

上記の方法により収集した情報につきましては、当サイトおよびその提携先において、当サイトのサービス向上の為に利用されます。但し、前述の通り、こうした情報から当サイトの管理人が個人を特定することはできません。
法律の適用を受ける場合や法的強制力のある請求以外には、いかなる個人情報も、ユーザ本人の許可なく第三者に開示いたしません。

3.情報の共有

ユーザー自身が入力した本人を同一の個人と確認できる情報は、Gravatar・Disqusなど当サイト以外のWebサービスをユーザー自身が同一の情報で利用されている場合に、当サイトとそのネットワークの中で共有されることがあります。
勿論これらの情報をネットワーク外の個人・団体などに意図的に開示することは決してありません。

4.注意事項

当サイトでは、上記の方法により収集した情報の保護に細心の注意を払っています。但し、コメント欄など、他のユーザーが閲覧できるエリアにユーザー自身が自発的に個人情報を入力した場合、意図しない利用がなされる可能性があることに十分に留意してください。
他のユーザーが閲覧できる箇所(コメント本文など)に入力された情報は、個人情報の保護の対象外となり、ユーザー自身の責任となりますので、あらかじめご了承ください。

5.当サイトが利用・提携しているサービス

各サービスごとにプライバシーポリシーが記載されていますので、そちらも合わせてご確認ください。

5-2 アクセス解析サービス

当サイトは以下のアクセス解析サービスを利用しています。
前述の通り、トラフィックデータの収集のためにクッキーが使用されていますが、ユーザーはブラウザでクッキーの受け入れを拒否するように設定することが可能です。
これらのサービスにおいて取得・収集される情報については、各サービスのプライバシーポリシーをご確認ください。
■Google アナリティクス ポリシーと規約
■WordPress.com Stats — Support

5-3 広告配信サービス

Google AdSenseはGoogleの広告配信サービスです。
当サイトにおいて広告が配信される過程で、クッキーやデバイス特有の情報、ロケーション情報、および当該デバイスから収集されるその他の情報が利用されることがあります。その過程で個人を特定できる情報は収集されません。


2016年12月21日水曜日

トレーダーの寄り前準備

8:00 ラジコradikoで、「ラジオNIKKEI第1」視聴
    番組名は「こちカブ~kabu.com投資情報室」

 松井証券を開いて、

  • 「資産状況」タブを押して、先物OP証拠金余力をノートに記載
  • 「一日信用」タブを押し、左側の「一日信用成績表」を選択
損益率、建玉保有時間を再確認

  • 左側の「ネットストック・ハイスピード」を押して「起動する」
  • 暗証番号を入力、試しに「板発注」して「注文取消」をする



2016年12月20日火曜日

トレーダーズ・ウェブに行って、データをノートに書き写す *3

トレーダーズ・ウェブに行って、データをノートに書き写す *3

総合投資情報サイトTrader'sWebに行き
  • 「ホーム」「ニュース」などのタブの下の「最新ニュース」の右を押す
(慣れてくればスクロールして下のヘッドライン一覧まで行く方法もある)
  • ニュースの下に「国内」「海外」「中国」「為替」のどれかが出るので押す
  • ヘッドライン一覧がでるので、右側の「ジャンルを絞り込む」から「海外」を押す
  • 「海外先物市況-CME225(円建て)は・・・」を押して開く
  • 統計ノートに、まず「日付」を書き、「CME225(円建て)の、CLOSE、大阪日中比、HIGH、LOW」の値を書き写す
  • サポレジ表のその金額欄に黄色いラインを引き、記入する
  • サポレジ表に、夜間のCLOSE、HIGH、LOWを黄色いラインを引き、記入する
  • 戻って、「NY概況-・・・」を押し、各種データを、統計ノートに書き写す
  • 戻って、「恐怖指数VIX]の数値を統計ノートに書き写す
  • 日経平均プロファイルに行き、「日経平均ボラティリティー・インデックス」を書き写す
  • Bloombergに行き、「バルチック海運指数」を統計ノートに書き写す(*更新遅め)
  • トレーダーズ・ウェブに戻って、「国内」から「外資系証券の注文動向」を書き写す
  • 前日夜に「野村HD]の株価と増減、ゴールドマンの「先物・手口情報」を書き写す
これで、統計ノートの見開き2ページ×2 計4枚の横一行が毎日埋まっていくことになる

大岩川源太さんのぼやき(「朝の講義」)(「引け後の講義」)を見に行く *2

大岩川源太さんのぼやき(「朝の講義」)を見に行く *2
大岩川源太さんのぼやき(「引け後の講義」)を見に行く *2

どこのサイトへ行っても、夜間の米国株や前日の東京市場の概況の繰り返しか、コピペかと
思う中、ここは、それが少ない。内容の詳細は、凡人の私には、理解できませんが雰囲気を感
じるために見に行きます。

メリットの一つに、「朝の講義」が6時台にコメントが入ることです。

音声で聞ける、「とれとれラジオ」もあります。

2016年12月15日木曜日

エクセル資料の更新


サポレジ表 
  • 前々日データ削除
  • 移動平均線(MA)等前々日関係分削除
  • 当日のデータ挿入
ピボット(pivot)
  • 株価データサイト k-db.comから、日経平均先物の日中4本値をコピペ
PV、レジスタンス、サポートをサポレジ表に転記

4日ブレイクアウト
  • 株価データサイト k-db.comから、日経平均先物の日中4本値をコピペ
  • 株価データサイト k-db.comから、TOPIX先物の日中4本値をコピペ
4日間の最高値、最安値をサポレジ表に転記

一年間 新高値 新安値
  • なでしこインベストメントの【TEST】1年来高値・安値更新銘柄からコピペ
  • マーケットスピード(楽天証券)にも入力
本日の上場来高値更新
  • Kabutanから、データコピペ
  • マーケットスピード(楽天証券)にも入力
株探 かぶたんの「市場ニュース」タブを押し、中ほどにある「特集」を押し
   毎日20:10ごろに「本日の【上場来高値更新】を開く
   ※ 上場来高値を更新した銘柄が過去の売買による抵抗帯がなく、
    いわゆる”株価青天井”銘柄として注目されるそうだ。

外資系先物オプション建玉
  • 株価データサイト k-db.comから、日経平均先物の日中4本値をコピペ
  • 株価データサイト k-db.comから、TOPIX先物の日中4本値をコピペ
  • トレーダーズ・ウェブからデータをコピペ
トレーダーズ・ウェブで、上部中ほどにある「投資ツール」タブの中の「先物手口情報」を選び
   ゴールドマンのデータをコピベ
   次に、左の「OPTION・手口情報」を押し、ゴールドマン、Cスイス、JPモルガンのデータを
   コピペ




2016年12月14日水曜日

トレーダーの夕方

ダイワインターネットTV視聴(毎日16:50更新 東京マーケット<大引>)

準備品 福永博之さんの「INVESTORS HANDBOOK株式手帳」
     
      青ボールペン(ZEBRA SARASA 0.7)

株式手帳の今日のページを開いて、「売買高」「売買代金」があるので、

視聴して、東証1部の出来高放送時に埋める。ついでに割って、平均株価を記載する。

次に、「マーケットPOINT]を、書き写す。

日経平均の1日の動き(チャート)を、フリーハンドで書き写す。

業種別株価指数を、上位3業種、下位3業種、書き写す。








ipadで、「スマートニュース」(アプリ)*1 チェック


スマートニュース / 圏外でもニュースがサクサク読める (SmartNews)


ニュースアプリは、これ一択ですね。

色々なニュースアプリをダウンロードして試して見たけど、今はこれ、最強。

チャンネル(上部のタブ)を削除したり追加したりできる。

※注意 あまり、趣味に走ると収集がつかなくなり、支障が出る。

先ずは、東洋経済online、フィスコ、ZUU onlineぐらいで試してみたらどうでしょう。


ざっとニュースチェック(一つの記事結構長い)してると、後でじっくり読みたくなった場合は、

右上に、保存マークがある。

普通は、「選んで」、これでいいですか?の「保存」の2アクションを強いられるが、

Pocket(アプリ)をダウンロードして、左から4つ目に配置しておけばワンアクションですむ。